DM100を買った

来月までに使わないと期限が来てしまう優待券があったので、量販店の店頭で目に付いたポメラのDM100を半衝動的に買ってしまった。部屋にはスリープ状態のMacbookがあり、またiPadとBluetoothキーボードもある。だから積極的に欲しかったわけじゃない。まあ衝動買いだ。

で、だ。DM100を入手して実際に使ってみると、「ああ、ポメラって文章を書くための文房具だったよな」ということを、あらためて思い出させられた。iPadとBluetooth環境だってそう悪いものじゃないけど、これはもう全然別の道具だ。比較するものじゃない。ボールペンとマジックぐらい違う。

書きたいと思ったときは、フタを開けるだけ。アプリの切り替えも、Bluetoothの接続もいらない。不満点としては、ATOKの変換は正直いまいちだし、入力補完が無いので打ったばっかりの言葉も、もう一度入力しないといけない。でも、そんなのは些細な問題だ。打ちやすいキーボード、超寿命、そして何より文字入力以外に何もできない。ちょっとネットに浮気することもなければ、LINEやFacebookの通知もこない。書きたいときに開けて、書いて、閉じるだけ。非常にシンプル。

これって、万年筆を持ってノートの前に座った時の感覚に近い。ストレスを感じることは何もなく、ただ書きたいことを書けばいいだけ。

大昔にDM10という初期のポメラを使っていたことがあるけど、コンセプトはそのままで、ずいぶん進化したように感じる。

  • バックライトが付いてる
  • ディスプレイが大きい
  • 一部のキーがカスタマイズできる(「無変換」をBackspaceに、「前候補」をEnterにすると快適)
  • FlashAir経由で、書いた文章を直接Evernoteに送信できる

特に、FlashAir 連携が秀逸だ。

QRコード経由での文章吸い上げも試してみたけど、複数の文書をまとめて吸い上げるのがすごく面倒だった。昔のポメラもそうだったけど、いかにしてデータを吸い上げるのかというのがポメラの課題だった。これがFlashAir のおかげで一気に解消された。思いつくまま文章を書き、一日の最後にまとめてEvernoteに登録。

ポメラはしばらく見ない間に、文章を書く人には必携な文房具に進化していたんだなあ。きっかけは衝動買いだったけど、久々に買って良かった。


高校野球には「降参」が必要では?

野球に興味がないのであんまり良く知らないけど、最近の高校野球の試合で、1試合で11盗塁をしたことが、高校生らしくないとか、圧倒的に点数差がある時には盗塁をしないという暗黙のルールを破ったとかで、少し話題になっているらしい。

馬鹿じゃないの?
それで手を抜かれた方は納得するの?

「高校野球だから相手の気持ちを考えないといけない」というようなことは良く聞く。でもこれって、部とはまったく関係のない生徒が不祥事を起こして、試合に出られなくなってしまったみたいな、モヤモヤを感じてしまう。何か不都合があるのなら、はっきりとそういうルールにしてしまえばいい。暗黙のルールじゃないと何か都合が悪いの?

そういえば野球をはじめとしたスポーツって、「降参」が無いことに気づいた。格闘技には降参があるので、スポーツか格闘技かで降参の有無が決まるのかな? いや、剣道や柔道には無いな。その線引きはどこにあるんだろう。

まあそれはともかく、「もうこれ以上やっても無駄だ。自分達が惨めになるだけだ」そう思ったらいつでも降参できるルールがあってもいいのにな。「勝負は最後まで何が起こるかわからないから諦めない」なら、やり続ければいい。「暗黙のルール」なんかよりも、よっぽど健全だと思う。


エンジニアは問題を5分で解決することより、「満足度」を意識すべき

ちょっと古い話題かもしれないけど、自社の人達で解決できない問題を、「10万円払うから何とかして欲しい」と泣きつかれたので実際に見てみたところ、5分で解決できてしまった。約束したにも関わらず5分で出来てしまうようなことなんだから10万円は払えないと言われた、という話を読んだ。

あー、よく聞く話。「労働時間」じゃなくて「解決」に対しての対価なんだから、解決に何分かかろうと払うべきだし、こういう人に限って、仕事は裁量労働性だから何時間労働しようと残業代は払わない、みたいなダブルスタンダードを平気で言うんだよね。そもそも時間で言うんであれば、調査から解決までに要した5分ではなく、5分で解決するためにこれまで経験、学習してきた時間も含めて考えるべき。

ただ一方で、相手の「満足度」を意識することも重要だと思う。人ってそんなに合理的に物事を考えられないので、機能や結果じゃなくて満足にお金を払うんだよね。例えば外食をする場合。すき家と素敵な雰囲気のフレンチのお店。腹を満たすという機能ではどっちも大差が無い。美味しさは違うかもしれないけど、まぁそれはこの際置いておく。食事が終わった後、どっちが「満足」かと言うと、普通は後者の方が満足度が高い。料理そのものだけではなくて、料理の盛りつけ、音楽、店の内装など、全部を含めての満足に対してお金を払う。

相手が論理的、合理的に物事を考えてくれる場合には何も問題無いんだけど、そうでないことの方が圧倒的に多い。本質を見ろよと感じることも多いけど、それを相手に求めてもしょうがない。例えそれが件の問題のようにどうしてもと頼まれて行った場合であっても。

実際にあった出来事をノンフィクションとして小説あるいは映像にする場合であっても、演出をまったくしないということはあり得ないらしい。まぁそうだろうね。あまりやりすぎるとねつ造と言われてしまうけど、多少の整理整頓とお化粧をすることにより、よりわかりやすくなったり、ドラマチックになる。件の問題も、5分で解決しちゃったのはしょうがないといえ、より満足度を上げる工夫は出来たんじゃないかなとも思う。背景が良くわからないので、実際にどういうことが出来たのかはよくわからないけど、例えば再発防止のための運用ルールを作ってあげるとか、他におかしなことが起きていないのか調べてあげるとかね。これを馬鹿らしい、何でそこまでと言い切れる人は、そういう人達を相手にして消耗した経験が無いんじゃないかな。

まったく皮肉とかじゃなく、たぶんそれは幸せな人だと思う。


将棋に絶望してしまった

去年の年末休みから急に、将棋をやるようになった。小学生の時に友達同士でやっていたので駒の動かし方ぐらいは覚えていたけど、なぜやりたくなったのか、きっかけはよく覚えていない。

ただ、一度凝りだすととことんハマってしまう性格なので、冬休中はほとんど一日中、仕事が始まっても行き帰りの電車ではひたすら将棋の本で勉強。週末はiPadで将棋、あるいは将棋会館に将棋を指すようにまでなっていた。

おもにやっていたのは将棋ウォーズで、数ヶ月で2級にまで昇給できた。ほとんど初心者同然の状態からそこまで上がれたのは、我ながら勉強したなと思う。ただ一方で、相手の手をあんまり考えずについつい早指しをしてしまい、ボロ負けしてしまうことも多かった。

それでも何とか勝ったり負けたりをしていたけど、ある時、急に糸が切れた感じがした。将棋が強くなったからって何になるの? そういう声は始めた当初から聞こえ続けていたので特にどうこうということもない。ただ、何だかわからないけど、もう無理だ。そう感じてしまった。

そこからは早かった。
一気に冷めてしまった。月に何回か、会社の昼休みに時間が余った時にやることはあるけど、もうあの時の情熱は返ってこない。何なんだろう、これは。あんなに楽しく感じていた将棋が、カラーだった映像が白黒の味気ないものになってしまったかのように、一気につまらないものになってしまった。


架空の住所氏名って簡単に作れちゃうんじゃないの?

転居届を出すことで申請から一年間、旧住所宛ての郵便物を新住所に転送してくれるという郵便局のサービスはわりと有名だと思いますが、一年経過前にもう一度出すことで、そこからまた一年間延長出来ると言うことはあまり知られていないかもしれません。実は申請回数の制限はなく、期限前に転居届を再度出すということを繰り返すことで、転送期間を延長し続けることが出来ます。

前の住所とその前の住所から、いまの住所宛ての転居届を出す手続きをしていたときに、ふと、この仕組みを応用(悪用?)する事で、架空の住所氏名を作れるかもしれないと言うことに気づきました。

具体的な方法

転居届には在住あるいは転居した人の氏名を書く欄があります。婚姻、血姻関係にあるかどうかは関係なく、同居している人の氏名を書きます。

記載した人のうち転居した人間(つまり転送対象者)を個別に指定する方法と、記載した同居人全員を転送対象にするという方法を選択できますが、ここには何の確認もありません。つまり、同居人に架空の人の氏名を記載することにより、新たな人間を増やすことが出来ます。

例えば東京都千代田区から東京都中央区に引っ越したとします。実在するかどうかに関わらず、転居届に山田花子という同居人を加えることで、東京都千代田区の山田花子という住所氏名を作ることが出来てしまいます。

作って何に使うの?

具体的な用途を書くのはアレですが、例えば匿名で郵便物を受け取りたいとか、本人申し込みがNGなものに申し込むとか、色々ありますね。その氏名を捨てたければ再度転居届を出して更新できますし、一年間過ぎてほっとけば住所氏名ごと処分出来ます。何だか犯罪用途の方が使い勝手良さそうな感じがしますが、あまり深堀はしないようにします。

。。。とここまで書いていて、転居届って、申請した人が本人や同居人かどうかすら、まったく確認していないと言うことに気づきました。過去何度も転居届を出してきましたが、転居届の申請に関して、何らかの確認や通知をされたことがありません。

つまり、まったくの第三者の住所で架空の氏名で転居届を出すとか、いやそもそも第三者住所で全員転居という届けを出したら、勝手に他人の郵便物を盗むことが出来ちゃうような気がします。これって大丈夫何でしょうか?


技術関係の記事を別ブログに

いまちょこちょこ作業中ですが、技術関係に関する記事は TECH.thinkjp.info として別のブログにすることにしました。

記事を削除するのもアレなので、対象の記事を流し込んで、wordpress の .htaccess でこんな感じで 301 リダイレクトするようにしました。

RewriteEngine On
RewriteBase /

RewriteRule ^archives/791$ http://tech.thinkjp.info/archives/6 [R=301,L]
RewriteRule ^archives/798$ http://tech.thinkjp.info/archives/9 [R=301,L]


RewriteRule ^index¥.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]


コンビニ店員はコマンドを順番に送る必要のあるロボットと同じだなー

コンビニで買い物をする時は大抵iDを使っています。商品を選び、レジ置いた時点で

iDで

と伝えるんですが、毎回必ずと言っていいほど、商品を袋詰めした後に、「ん?」という顔をされて支払い方法を聞かれます。店員が日本人かどうかに関係ないので、日本語力の問題では無いと思います。

毎回ちょっとイラっとしながら、もう一度「iDで」と伝えるんですが、ふと、こういう人は自身の動いているマニュアル通りの順番で答えを入力してあげないと、受け付けることができないんだということに気づきました。

彼らの頭の中では、

  • 商品を受け取る
  • ポイントカードの有無を確認する
  • 商品のバーコードを読み込む
  • 温めかどうかを確認、あるいは袋詰め
  • お金を受け取る、あるいは支払い方法を確認する
  • 決済処理
  • 商品を渡す

というプロセスが順番に実行されているだけで、この順番を無視して情報をインプットしてもコマンドが無視されてしまいます。ある種の、プログラムみたいな動きをしているんですね。

そういえば昔、ファーストフードで注文の前にまず持ち帰りかどうかを伝えると、混乱したり、あるいは最後にまた聞かれてしまう、というようなネタを読んだような気がします。コンビニ店員としては、客なんて工場のライン作業で流れてくる部品のような感じなのかもしれません。これを思考停止ということもできますが、それよりも前に、何だかゾッと感じてしまいました。

少なくとも明日からは、イラっとしないように最後に支払い方法を伝えるようにしようと思いますが、何だかモヤモヤしたすっきりしない気持ちです。


電子書籍は下手に自炊するよりKindle版を買い直すのが最適解かも

My Kindleにたまたまアクセスしてみると、いつの間にかKindleで購入した本が500冊を超えていました。読むのはほとんどiPadですが、活字をKindleで読んでいると疲れるので、気づくと読むのはほとんどが漫画本になっています。Kindleで漫画を買うのを躊躇していた頃が懐かしいです。今では、少なくとも漫画に関してはもう紙では買わないようにしています。

これだけ読んでいると、さすがにiPadで漫画を読むのにも慣れてきたので、今更ながらそろそろ紙の漫画も電子化したいなと思うようになりました。小さめの本棚にある200冊の漫画本が電子化されると部屋のスペース的にもそこそこのインパクトがあるので、これを電子化するには? という視点で考えて見たいと思います。選択肢は3つでしょうか。

  • ScanSnapを買って自分で電子化
  • 自炊代行業者に依頼
  • Kindle版を買い直す

自炊の場合

まずは自分でやる場合。ScanSnapはおよそ35,000円ぐらいで買えそうです。ただ裁断機まで含むと合計5万円ぐらい。これの利点は言うまでもなく、かかるコストは初期費用のみ。あとは自分の時間をかければ、今ある本も今後買う本も電子化することができます。かかる時間は一冊15分ぐらいだとすると、200冊で3000分。つまり50時間。一日1冊やったとしても、200日かかります。

費用:5万円
時間:50時間
完了までの日数:半年以上?

業者に頼む場合

自炊には興味がなかったので自炊代行業者はほとんど知りませんが、ちょっと調べた限りBookScanという業者が良さそうです。一冊100円、色々なオプションが付いたプレミアム会員だと月に50冊まで無料で月額およそ1万円。自分がかかる手間は郵送するだけなので、まあ合計1時間位でしょうか。ただ通常会員だと2〜3ヶ月待ち、プレミアム会員だと一週間という納期のようです。

費用:2万円もしくは4万円
時間:1時間
完了までの日数:3ヶ月もしくは4ヶ月

Kindle版を買い直す

すでに持っている本を買い直すなんて無駄だと思っていたため、実は、この文章を書くまでちゃんと考えたことのない選択肢です。一冊300円〜500円ぐらいでしょうか。仮に400円だとすると200冊で8万円。ただしストレージやコンテンツの調整などを一切考えなくていいという利点があります。

費用:8万円
時間:0?
完了までの日数:0

で、結論は?

費用的に一番安いのは自炊代行業者に頼むことですが、ストレージのコストと、いざ読みたいと思った時の手間が入っていません。いま持っている本のうち、あんまり読まなそうなものを処分してしまい、もしまた読みたくなったらその時にKindleで買い直す。実はこれが最強のように思えてきました。持っていれば確かにたまには読み返したくなる時もありますが、いざコストなどを計算してみると、ずーっと場所を取って持ってるものでもないような気がしてきました。

今のまま紙の本を持ち続けていればコストはかかりませんが、場所は取り続けます。部屋をスッキリ綺麗にしたことによる爽快感。それを味わうためにお金をかけるのも悪くない。少なくとも、もうほとんど読まない本をピックアップして処分してもいいかな、そう思わせる計算結果でした。


「伝える」についての勘違いと日本ユニセフ問題について

文章の書き方、特に文法や言葉の使い方などではなく、「書くという行為」に関する考えや心構えについて書かれた本においては必ずと言っていいほど、「何を伝えるのか」ということを明確にする必要がある、ということが書かれています。

今まで勘違いしていたということに急に気づいたんですが、あくまでも「何を」伝えるかを明確にしろと言ってるのであって、書こうと思った事柄に関して解決策や提言、誰も知らないようなことを書かないといけないというわけではない。もちろん書けるに越したことは無いですが、その事柄に関して「あなたはどう考えるか」それを書くことこそが重要かつ唯一の目的なんですよね。

なぜ今までそう思っていたのかわかりませんが、その結果として「書くこと」に関して、自分で勝手にハードルを上げていました。何か気になったことについて、自分の視点、その時の能力で考えたことを書けばそれでいい。

最近話題の日本ユニセフについて考えてみた

日本ユニセフ経由だと募金総額の25%(でしたっけ?)をピンハネされてしまうけど、黒柳徹子のユニセフに直接募金をすると100%募金に回る。日本ユニセフは偽善的な組織で、募金によって私腹を肥やしている。ここ数日、そんな話が話題になっています。

「アグネス憎し。私腹を肥やす日本ユニセフはけしからん」というものと、「人が動くとコストがかかる。黒柳徹子は確かに100%募金ではあるけど、資産のある黒柳徹子だから出来る。募金総額はピンハネしていると言われている日本ユニセフの方が多いじゃない」そういった意見を読みました。

私自身の意見は後者、ただし募金総額から抜く金額が常に一律なのは乱暴じゃないか、と考えています。

物事にかかる費用には、家賃などのようにそこに住む・利用する人間が何人であっても固定の金額である「固定費」と、給与や交通費のように人が増えるとその分だけ増える「変動費」の二種類があります。人1人あたりにかかる費用を計算する際は、固定費を人数で割る(按分する)ことで計算します。当然、実際の人数が増えれば増えるほど一人当たりの固定費は薄まっていきます。

日本ユニセフの募金額からコスト分として抜く割合は、ある人数までは妥当なんでしょう。ただ、ある閾値を超えた時点で貰いすぎになってしまいます。港区にかなりのコストをかけて事務所を作ったという話もあるようですが、固定費比率が薄まりすぎてしまうため、抜く割合の妥当性をキープする。これが事務所などに大きなコストをかけている理由なんじゃないでしょうか。抜く割合を一定額にするのではなく、ある金額を超えたらその割合を階段状に下げて行く。そのような方法にすることで、このような固定費を上げて続けていような行動を抑制できるのではないでしょうか。

ユニセフと日本ユニセフの関係について自分は何も知らないし、どうあるべきだという意見を持っているわけではないので、何も言えないなー。そう思っていましたが、解を持っていなくても、そのテーマについて自分の視点・考えを伝えるだけでもいいんだ。そう考えると、とたんに文章を書く敷居が下がったように感じます。しかも、書くまでは考えてもいなかった自分なりの意見を見付け出すことができました。


ケツ毛に間一髪の所を助けられた

人間の体の中で最も無駄なものはケツ毛である。かの夏目漱石先生も言いました。言ってません。

しかし今日、その無駄だったはずのケツ毛によって九死に一生を得た経験をしました。
大丈夫です。漏らしてしまった人は居ません。

奇跡の軌跡

ここのところ風邪でずっと調子が悪く、具合が悪い日が続いていました。

今日の仕事を終え、電車に乗ったあたりからでしょうか。お腹が少しゴロゴロしてきたかな? と感じるようになってきました。いっそのこと痛くなっていれば普通にトイレに寄って帰っていたんでしょうが、そこまでは痛くなく。まぁ普通に家まで持つ、というか別にトイレに行きたくなるほどではありませんでした。この時点では。

ただ家に近づくにつれて、少しずつ少しずつ、何だかお腹が自己主張をしてきました。それでもトイレに寄って帰りたくなるほどではなく、なんとも言えない中途半端な状態。

いつもはコンビニに寄って雑誌を立ち読みして帰ることが多いんですが、何だか嫌な予感がして、今日はまっすぐ帰ります。家に向かって歩いていくと、どんどんお腹が痛くなってきます。どん、どん、どん。定期的に波が襲ってくる感じで、何だかやばそう。

それでもようやく家に着き、ドアに手をかけた瞬間。

ぷす、ぷす、ぷすー。

まったく出る予兆がなかったにも関わらず、急にオナラが出ました。これはマズイ。違うものが出てしまうかもしれない。そう思って必死に耐えようとしたんですが、全然効果がありません。

「出そうなのに耐えきれなくて出してしまう」

そういうものとはまったく異質の感覚。そもそも出ようとする実感がないので、まったく止められません。

パス、パス、パス。
ブリュリュリュ。

ああああああああああぁ。
絶望的な音が聞こえました。絶望的な思いを抱えたまま、トイレに駆け込むます。そしてパンツを見ると、

何もありません

えええ? 確かに何か出たような感覚があったのに。

しかも、そのまましばらくトイレに座っていても、さっきまであれほど自己主張の激しかったにも関わらず、何一つ出ようともしません。何か釈然としない思いのまま、念の為お尻を拭くと。。。何だか水っぽい。

はい。そうです。ケツ毛が、突然の訪問者を全て受け止めてくれていました。思いもよらない援軍でした。この時ほど、いくら邪魔だからといってケツ毛を剃らなくて良かったー、と思ったことはありません。

普段は何の役にも立たない、むしろ邪魔に感じていた存在だったのに。いざという時はやってくれるんですね。人間の体には無駄なものは何もない。どこかで聞いたような聞いてないような。そんな言葉を思い出しました。