時間の衝動買い

休みの夜になるといつも、一日を無駄に使ってしまったような、もったいないような気持ちになる。確かにそういう時間の使い方をしてしまう日もあるけれど、実は結構充実していたような一日を過ごした時であっても、この気持ちはあまり変わらない。

今日やらないといけない用事は全て済ませた。でもあまった時間は何に使ったのか良くわからない。

買わないといけないものは買った。でも余ったお金で余計なものを衝動買いしてしまい、何でそんな物を買ってしまったのかと後悔するのと同じ気持ちなのかもしれない。

時間をその場その場でしょうもないことに使ってしまい、夜になる。一日の時間を使い切ってから振り返ってみると、後悔するような後ろめたいような気持ちになる。

たぶんこれは時間を何に使って、その結果がよく見えないからじゃないだろうか。「自分の時間」というものを使ってそのかわりに手に入れたものが目の前で形として見えたら、この気持ちはどうなるんだろうか。もっと落ち込んでしまうかもしれない。