ショールーミング

先日、kindleを扱わないことを表明した家電量販店の記事を見て、ショールーミングという言葉を知りました。ショールーミングとは今年の頭ぐらいから言われ始めた言葉で、その意味は読んで字のごとく、リアル店舗を商品展示場つまりショールームとして商品を参照するために使い、実際の購入はネット通販ですませるという行動の事です。こういった行動を取る人は年々増えてきた印象を持っていますが、行動が定義されて名前が付くことにより、今まで「〜のような行動」という多少曖昧な定義が、より具現化してしまったように思えます。

さて話題のkindleですが、ヤマダ電機、エディオン、ヨドバシは扱わないけど、ビックカメラやケーズデンキは扱うということで、家電量販店間で足並みは揃っていないようです。

扱わないことにした理由は利益率が低くてうまみが少ない、というのももちろんありますが、顧客流出、つまりまだネットで通販をしたことが無い層がkindleを店頭で知り、kindleを使うことを通してネット通販体験をしてしまうと困るからなのではないか、という点が大きいんだろうと思います。Amazonのプラットフォーム戦略は留まるところを知りませんし。

ただ、それならすべての家電量販店で足並みをそろえて談合しないと、単に扱っていない店の客が別の店に流れていってしまう危険性があります。ポイントカードなどでせっかくロックインしてたとしても、その店で新たにカードを作り、それこそ顧客流出してしまう可能性が高いのではないでしょうか。

いずれにせよ、リアル店舗は情報を隠すことで戦うのではなく、ネットと比較されることを前提とした戦略を持つべきでしょう。例えば自分がリアル店舗で買い物をする理由は、いまその場で手に入ると言うところにあって、金額に何万円も差があるのならともかく、そうでないなら必ずしも価格を第一には考えていません。ニーズにもよりますが、リアル店舗ならではの価値を提供した戦い方を考えるべきです。情強、情弱という言葉もありますが、情報格差を利用した戦いは、いまいち不誠実な態度だと感じます。

自分達は顧客に何を提供するのか、その提供価値は何か、そのことを意識して戦略を定めていけば、ネット通販も怖くないと思います。ただその解が自社でもネット通販をやることで価格勝負を挑む、というのではちょっとつまらないですが。