電気毛布いいわー。

最近まで、冬になるとほとんど毎日風邪をひいていた。自分が勝手に風邪を引くのは当たり前で、他人が引いているとほぼ100%うつってしまっていた。冬の間は風邪を引いていない時はほとんど0だったんじゃないか。

体を暖かくして体温をあげると、免疫があがって病気をしないという人も居れば、それはまったく効果がないと言う人も居る。割と寒いのが得意で、冬でも部屋が寒々としていて体も冷えっぱなしだったけど、ある時、体温を上げることで病気知らずというような豆?知識を得たので、徹底的に暖かくして体を冷やさないようにしてみると、ほとんど風邪を引かない、あるいは引いてもすぐに治ることに気づいた。

医学的にどうかはわからないけど、少なくとも自分の場合は体を冷やさないようにすることが風邪の予防として重要みたい。

先日、電気毛布を買った。それもスイッチon/offするだけではなく、もう少し機能の付いたいいやつ。買ったのは今は無き(?)SANYOのBKS-PDC201という電気掛け敷毛布で、これには快眠プログラムというものがある。人は体温が下がると眠くなるという効果をうまく利用し、最初は温度が高くなり、しばらくしたら少しずつ温度が下がるという機能で、元々眠るのが下手だったけど、これを使うようになってすんなり眠れるようになった。軽い気持ちで何となくかった電気毛布だけど、もはや手放せなくなってしまった。

子供も寝てるし、寒いと思った時にもう一枚布団を出すのは大変だけど、そう言う時にスイッチ一つで温度を上げられるのはとても便利だ。逆に暑い時に温度を下げるのも簡単。

あったかさも魅力的だけど、一番気に入っているのは温度コントロールによる入眠、起床効果で、これはとても秀逸な機能だと思う。もし電気毛布を買うのであれば、ぜひ温度コントロールのついたものにすることをオススメする。