花の金曜日

今日は金曜日。そういえば昔は花金という言葉があった。

花金という言葉はどうやら週休二日制が始まった1980年ごろのバブル時代に流行った言葉らしい。バブル崩壊後、景気の悪化とともに段々と死語となっていったようだ。花金は花の金曜日の略で、「金曜日の晩に遊んで(飲み歩いて)楽しむこと」を意味していた。

自分以外の人は、自分の知らない、もしくは想像もしないような充実した週末をすごしているんじゃないのだろうか。時々ふと、そう思うことがある。元々あまり趣味らしい趣味も無かったので、子供が産まれてからの週末は、子供の世話とコミュニケーションを図るための大切な時間となっている。金曜日は、単なる休みの前日の位置づけにすぎない。

ずっと家にいる嫁にとってはどういう感覚だろうか? 平日はずっと家の中で子供の世話をしているので、自分がいる週末は少しは安心しているんじゃないかと思う。だとすると、週末は子供の世話を積極的にしたり、意図的に嫁が息抜きができるような機会を作ってあげるのが、家庭円満につながるのではないか。

おそらくパターン化した日常になってしまっているだろうから、DVDを借りてきて一緒に見るとか、平日とは違うちょっとした「非日常」を提供してあげるといいかもしれない。明日はそれを意識して過ごしてみてみよう、と思った。