嫁がわりとダメ人間

うちの嫁は小心者だけど、基本的なことがいまいち出来ない。リビングのドアをきっちり閉めることができなかったり、物を定位置に置くということができないので、いっつもティッシュや携帯やらを探している。新たに始めようとしたことは三日坊主で終わればいい方で、だいたいは初日の一回で終わってしまう。

なぜ出来ないのかを色々聞いてみたけど、どうやればいいかがわからなくて出来ないわけじゃないみたいだ。一言で言うと「わかっちゃいるけどやめられない」というのに近い。過去に決めたことに対して自分との約束を守れない。要するに習慣化するスキルが無いんだろう。習慣化して定着してしまえば、あとは放っておいてもいいはず。

何かを習慣化する場合、それが定着するまでには3つの段階があるらしい。

最初の1週間は反発期で、一ヶ月以内に挫折した人の42%がその習慣をやめたくなるらしい。これに対処するには、少しでもいいからとにかくやり続けることがコツのようだ。

2週目と3週目は不安定期。40%の人が、急な割り込みなどによって予定が振り回され、実行がおざなりになってしまいやめてしまう。継続のための仕組みづくりをすることによって、乗り越えられるみたいだ。

そして最後の1週間は倦怠期。飽きてしまって中断してしまう。やり方をちょっと変えるなど変化をつけることで、また新鮮な気持ちで継続できる。

一ヶ月を無事に乗り越えると、その習慣は定着化できたと言える。2ヶ月目からは求める物をより厳しくしてみたり、別の方法を試したりなど、アレンジを楽しめるそうだ。

確かに自分自身のケースを振り返ってみると、ある程度それをやることの目的を明確にしてから習慣化しているため、反発期や倦怠期で中断することはあまりない。ただ不安定期は危ない。質に満足できなくて、もういいやと思ってしまってやめてしまうことがある。少なくとも習慣化するまでは、「質は量からしか生まれない」と常に思い続けることが重要だろう。

しかし、そもそも習慣化させるにはどうしたらいいんだろうか?