ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由

過去に一回だけ、ノロにかかったことがある。原因は生牡蠣で、治るまでの数日間、終始吐きっぱなしで物凄く苦しかった。しかもアレルギーだか何だかわからないけど、それ以来、生だけではなくカキフライですら軽く当たるようになってしまった。

幸い、まだ自分の周りで感染した話は聞かないけど、どうやら今年はノロウィルスが大流行しているようだ。実際にそうなのかはわからないけど、2011年に輸入食品等事前確認制度に登録され、衛生検査が免除された韓国産キムチ が感染源とも言われている。

せっかくなのでノロウィルスの予防方法と、アルコール消毒ができない理由を調べて見た。一番わかりやすく、納得できたのは ノロウイルスとアルコール消毒のおはなし。 ~エンベロープってなに?~ の説明。これによると、

  • 菌やウィルスのまわりにはエンベロープという膜がある
  • エンベロープの大部分は脂質のため、アルコールや石鹸などで破壊できる
  • エンベロープが破壊されると、ウィルスは増殖できなくなる 細胞に入り込むことができなくなる
  • ところで、ノロウィルスにはエンベロープがない!
  • 壊すべきエンベロープが無いので、ノロウイルスに関して石鹸やアルコールは効果がない
  • ただし、浮かせて洗い流すことが出来るので、石鹸での手荒いはかなり有効

ということらしい。もしノロウィルスを積極的に殺すなら、酸が効果的のようだ。キッチンハイター最高。

ノロウィルスは駄目だけど、それ以外の菌やウィルスがなぜ石鹸やアルコールで殺菌できるのか、ようやく理解ができた。正しい知識を持たずに思考停止してしまって、ただ実行することの危なさも、改めてわかった気がする。


ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 細菌とウィルスの違いについて調べてみたThinkJP.INFO | ThinkJP.INFO

コメントは停止中です。