細菌とウィルスの違いについて調べてみた

ふと気になったので、細菌とウィルスは何が違うのか調べてみた。結果、ほとんど ウイルスと細菌の違いって何ですか? の受け売りに近いけど、まぁ気にしない。

細菌は分類上は植物に属する単細胞生物のことで、自分で細胞を持っている。体内に入ると細胞に取り付いて栄養を吸い取り、その栄養を利用して細胞分裂することで増えていく。

一方、ウィルスはDNAとタンパク質の殻だけからなる超極小の微粒子で、自分で細胞を持っていない。生命の最小単位である細胞が無いので、生物学上は非生物とされている。体内に入ると細胞の中に入り込んで、その細胞に自分のコピーを作らせる。最終的に細胞が破裂し、大量のウィルスがまた他の細胞に入り込んでいく。入り込んだ細胞の状態に影響を受けやすいので、変異しやすい。

増え方も細菌は2つに分裂、つまり2のn乗で対数的に数が増えてくるけど、ウィルスは感染した細胞内で一気に数を増やす。細胞内に入り込んだ期間は暗黒期と呼ばれ、一時的に見かけ上ウィルス粒子が存在しない期間が発生する。

細菌は細胞のため免疫が効きやすいし、抗生物質により細菌の細胞を攻撃して殺すことが出来る。

ウィルスは細胞に入り込んでしまうので、やっつけるのが難しい(人間の細胞まで壊してしまう)。タミフルなどはウィルスに対して作用するのではなく、細胞からウィルスが出られないようにすることで増殖を防ぐ。ウィルスを殺すわけではなく閉じ込めるだけなので、体内にウィルスが残る(代謝によりいずれ細胞ごと排出される)。

実際の原因は違うようだけど、タミフルが脳の細胞に悪影響をおよぼす(かもしれない)と言われるのは、こういう仕組みになっているから。

またウィルスは抗体が出来れば(変異しない限り)再感染することは少ない。

ノロウィルスとアルコール

細菌(の細胞)はアルコールで壊せる。またエンベロープが壊れたウィルスは、感染性が無くなるので無害化する。

インフルエンザウィルスにはエンベロープがあるのでアルコールによりエンベロープを壊せば感染予防になる。しかしノロウィルスにはエンベロープが無いのでアルコールでは予防できない。もしノロウィルスを殺したいなら、タンパク質を分解する酸が有効。

ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由 に「エンベロープが破壊されると、ウィルスは増殖できなくなる」と書いたけど、ちょっと間違いだった。「エンベロープが破壊されると、ウィルスは無害化する(細胞に入り込めない)」と書くべきだった。