カテゴリー別アーカイブ: 情報共有

敷金は全額取り戻せる

過去何度も引越しをしているけど、今まで敷金を全額取り返せなかったことがほとんど無い。減額された時も「とがったものを落として、床材が一部めくれた」というような、明らかに自分の瑕疵によるものだけ。その場合も、その箇所の修繕費用だけなので、費用負担が一万円を越えることは一度もなかった。敷金は平均して40万円ぐらい支払っているので、全額返るかどうかは結構重要だ。

管理会社との交渉をはじめた時には、大抵は「敷金はそもそも全額返るようなものじゃないんですよ」というようなことを言われる。今思い出してもはらわたが煮えくり返る思いだけど、最終的には全額取り返すことができている。

また次に引っ越すときのために、どういう根拠で主張してきたのかを、整理しておこうと思う。

最初にやっておくべきこと

明らかに自分の責任で壊したような所がない場合、「全額取り返す」という気持ちを持ち続けることが一番重要だ。かける時間や労力と、取り返す金額とのトレードオフにはなるけど、とことん主張しても失うべきものは非常に少ない。

退去直後には、まず部屋の写真を撮っておきたい。できれば入居前にも撮っておきたいけど、退去直後の写真だけでも役に立つ。特にキズやシミなど、それを理由に敷金を減額してきそうな所があったら、重点的に撮影しておきたい。交渉の途中で撮影した写真を送ることで「この人は証拠をきちんと残している。これは手強い相手かもしれないぞ」と思わせる効果がある。多くて損することは無いので、多すぎるほど撮影しておきたい。

原状回復と賃借人負担

敷金減額の際に原状回復を主張されることが多い。しかし賃借人の故意・過失がないならその費用を負担する必要は無い。原状回復は、次の借主のため、賃貸人が自身の負担で勝手にやるもの。原状回復ガイドラインというものもあるけど、基本的には「これは賃借人負担じゃないですよね?」と主張しておけばいい。

実際、大体のものは実は賃借人の負担対象じゃないし、仮に賃借人負担のものが混じっていれば向こうがそう言ってくる。普通の生活をしてできた範囲のものは対象とはならない。例えば黒ずみ、画鋲やビスなどの穴、床のへこみ、鍵交換、畳交換、網戸の張替え、ハウスクリーニング(通常の範囲での清掃を行なっている場合)などなど。

賃貸契約で、本来は賃貸人負担のもの(例えばハウスクリーニング)を賃借人が負担するような特約が付いていることも多い。しかしこれは簡単にひっくり返すことができる。自然損耗の部分まで賃借人負担としている特約は無効になる。例えば 福岡簡裁平成16年1月29日判決 借主勝訴の敷金返還請求 で、下記のような判決が出ている。

原状回復とは,原告の主張するような「完全に入居当初の状態に戻すこと」ではなく,借主が原状を変更(襖の好みの色や柄に張り替える等)したとき入居当初の状態に戻すことである。原告の主張する原状回復は,自然損耗分を含めて借主に修理義務を課すものであるが,このような考えは,旧建設省の委託を受けて財団法人不動産適正取引推進機構が,平成10年3月に公表した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(以下「ガイドライン」という)に反するものである,また,原告の主張する原状回復は,消費者である借主の利益を一方的に害するもので,消費者契約法に反し無効である。

消費者契約法については 職人型内容証明仕掛人の方法論 ! 第87号 にわかりやすくまとまっている。

「貸主と借主の間には情報格差があり、借主に一方的に不利益な契約条項は無効にすべし」
「また、礼金を取っている場合には礼金の法的性質が自然損耗分の原状回復費用と解されている」

つまり、

  • (礼金をとっている場合)礼金の法的性質が、自然損耗分の原状回復費用と解されている
  • そもそも自然損耗は賃借人が負担する理由がない
  • 自然損耗のものを賃借人負担とする特約は、消費者契約法第10条により無効
  • 判例として「福岡簡裁平成16年1月29日判決 借主勝訴の敷金返還請求」などがある

と主張できる。

それでも全額返還をしぶった場合

繰り返しになるけど、中途半端な譲渡は禁物。そもそも敷金は「家賃の滞納や焦げ付き」のための預り金であり、退去時の修繕・クリーニング費用じゃない。全額返ってきて当たり前のもので、全額返ってくることが珍しいと思ってはいけない。

また仮に何らかの名目で請求されたとしても、見積書の「一式」となっている項目はしつこく、詳細を出させる必要がある。一式の場合には必ず無関係なものが含まれていると考えるといい。

例えば畳の表替えや交換の名目での請求があった場合。そもそも自然損耗の対象ではあるけど、全ての畳が見積もりに入っているはずだ。これは「仮に何らかの瑕疵があって自分が負担する必要があるとしても、なぜ全ての畳が一式で請求されているのか?」という主張をするといい。また自分の瑕疵による請求であっても、全額を負担する必要は無い。「自然損耗分もあるのに100%自己負担はおかしくないか?」という主張もしておきたい。縦と横、つまり負担の割合と負担の対象範囲が適切か? という観点を忘れないようにする必要がある。

これはどこかで見つけた言葉だけど、交渉中には忘れないようにしておきたい。

「不法/違法な契約は契約そのものが成立しない」
「違法を知らなかったために成立した契約は取り消すことができる」

さらに揉めるなら

160万円までの敷金なら簡易裁判所で扱え、60万円までなら即日で判決が出る。通常裁判は結構面倒くさいけど、簡易裁判なら一回で終わるのでとても簡単。申し立ては裁判所にある書類で一発。準備に関しても主張したいこととその証拠を用意するだけなので、別に(簡易)裁判だからといって、特別面倒くさい作業とかは必要無い。

なお提訴する場合、被告は契約者である家主(不動産所有者)になる。不動産業者は関係ない。そのため不動産業者が何か言ってきた時には、

「あなたは当事者ではないので、家主と話をしたい」
「提訴すれば被告は家主」
「家主が裁判に巻き込まれるが、いいのか?」

と告げることで、多くの場合は簡易裁判すら回避できる。所詮は費用対効果。相手によっぽど敷金全額返還ができない事情がない限り、「面倒臭い相手」を相手にするよりも取りやすいところから取ればいいや、と思うのが普通だ。全額返還が当たり前の世の中になるといいな、と思う。


ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由

過去に一回だけ、ノロにかかったことがある。原因は生牡蠣で、治るまでの数日間、終始吐きっぱなしで物凄く苦しかった。しかもアレルギーだか何だかわからないけど、それ以来、生だけではなくカキフライですら軽く当たるようになってしまった。

幸い、まだ自分の周りで感染した話は聞かないけど、どうやら今年はノロウィルスが大流行しているようだ。実際にそうなのかはわからないけど、2011年に輸入食品等事前確認制度に登録され、衛生検査が免除された韓国産キムチ が感染源とも言われている。

せっかくなのでノロウィルスの予防方法と、アルコール消毒ができない理由を調べて見た。一番わかりやすく、納得できたのは ノロウイルスとアルコール消毒のおはなし。 ~エンベロープってなに?~ の説明。これによると、

  • 菌やウィルスのまわりにはエンベロープという膜がある
  • エンベロープの大部分は脂質のため、アルコールや石鹸などで破壊できる
  • エンベロープが破壊されると、ウィルスは増殖できなくなる 細胞に入り込むことができなくなる
  • ところで、ノロウィルスにはエンベロープがない!
  • 壊すべきエンベロープが無いので、ノロウイルスに関して石鹸やアルコールは効果がない
  • ただし、浮かせて洗い流すことが出来るので、石鹸での手荒いはかなり有効

ということらしい。もしノロウィルスを積極的に殺すなら、酸が効果的のようだ。キッチンハイター最高。

ノロウィルスは駄目だけど、それ以外の菌やウィルスがなぜ石鹸やアルコールで殺菌できるのか、ようやく理解ができた。正しい知識を持たずに思考停止してしまって、ただ実行することの危なさも、改めてわかった気がする。


【移動】squid が spam の踏み台になった

一昔前は、グローバルIPを持った回線やサーバを買うコストの問題で、専有サーバを持つのは一苦労だった。しかし最近では、特にVPSサーバが普及するようになってからは、レンタルサーバではなく、専有のサーバを借りることもすっかり珍しくなくなってきた。

VPSによりサーバを持つことのコストが劇的に下がったため、本来であったらサーバ運用も出来ない、そもそも運用で必要なことを理解していないレベルの人が持つようになってしまったため、知らない内に犯罪に加担してしまっている事例が増えているように感じる。

先日知り合いから、「あなたのVPSサーバがspam送信の踏み台になっている。一週間以内に何とかしないとサーバ落とすよ」とVPS運営会社から言われたので助けて欲しい、という連絡があった。昔はクラックされたサーバの調査や再設定などを良くやっていたけど、最近は久しく見ていない。ちょっとワクワクしながらサーバにログインして状況を確認してみる。

spamの踏み台になっているということなので、まずは/var/log/maillog を調べてみたけど、特に不審な点は見あたらなかった。踏み台になっているという連絡があった以上、踏み台になっていること自体は間違いないとは思うけど、状況が良くわからない。

いったんその IPアドレスを RBL で引いてみると・・・出るわ出るわ。あちこちの RBL に登録されまくっていた。これで、少なくとも踏み台になっていた証拠はつかめた。ps で見ても特に不振なプロセスは動いていな・・・! なぜか squid が動いている。

squid のアクセスログを見てみると、もの凄いサイズ。次に netstat してみると、外部の SMTP サーバへのコネクションがある。squid の設定を確認するとアクセス制限がまったくかかっておらず、いわゆる「オープンプロキシ」になっていた。これが犯人だ!

tcp 0 0 192.168.1.1:46708 199.236.32.56:25 ESTABLISHED 607/squid

実際にやったことはないけど、確かに接続先を 25 にすれば、spam を送ることも原理的に可能だ。知り合いに聞いてみると、「過去に実験用として squid を立ち上げた記憶がある。ただ、実験が終わったあとには確実に停止したので、再度起動している理由がわからない」らしかった。

とにかく、squid の停止とアンインストールをして、RBL に delist の申請を行った。その後、特に連絡もないし RBL からも削除されたようなので、事態は収束したようだ。その時はなぜ squid が起動していたのか不明だったけど、その後どうやら、VPS の母艦サーバがハードウェア障害で落ちたため、ゲスト OS にもリブートがかかったらしい。squid が自動起動になっていたので、その時に起動してしまっていた。運用会社から障害報告の連絡がなかったので、再起動したことにまったく思い当たらなかったと。

VPSになってサーバを持つ敷居が下がったのは素晴らしいことだけど、あまり運用に関する知識が無い層の人達も、VPSを持つようになってきてしまった。Heroku や Google App Engine あるいは Windows Azure のような PaaS は、オートスケールなど、どちらかというとプロユースを想定したものになっている。従来であればレンタルサーバを使っていた層を吸収してくれる PaaS は(PaaS に当たらない物を勝手に PaaS と呼んでいる場合を除いて)今の所は思い当たらない。

「安価で使いたいときだけ起動して使う」といったカジュアル利用を目的とした PaaS サービスが出てこないだろうか。それが他社との差別化に繋がるかどうかはわからないけど、使わないときには落とすという習慣により、結果として知らないうちに加害者になっているという状況は改善するように思える。というか、踏み台になってうちに spam を送りまくるサーバは全部落ちて欲しい。


ホウキのある生活

まだここ一年ぐらいの話ですが、掃除をするときに掃除機を使うのを止めて、箒を使うようになりました。

それまでは普通の掃除機(ダイソン旧型)を使っていました。ダイソンは普通の掃除機と比較してもホースを取り回しづらく、またすごく音がうるさい割には、吸引力は他の掃除機とあんまり変わりません。そのため掃除をはじめるまでが億劫で、ホコリ等が目についても、ある程度勢いが無いと、中々掃除をやる気になりませんでした。

ある時、たまたまネットの記事で、棕櫚箒(シュロボウキ)の存在を知りました。棕櫚箒はシュロの木の皮を束ねて作られたホウキのことです。普通のシュロぼうきと、皮の中でも太い繊維を集めて作られた鬼毛棕櫚箒の二種類があります。

普通の棕櫚箒は使い始めは結構シュロの粉が出るらしいですが、鬼毛箒であればほとんど出ません。また結構毛が硬いため、絨毯や畳を掃くこともできます。うちで使っているのは この鬼毛棕櫚箒 で、買ったときは12,600円でした。単なる箒と考えるとちょっと高いですが、いい物を所有する喜びを感じられます。部屋にあってもなんだか絵になります。

掃除をする時は普通に箒を使ってホコリや抜け毛などのゴミを集めて、チリトリかハンディークリーナーでゴミを吸い取ってるだけです。掃除機と違ってホコリもあんまり巻き上がらないので、同じ所を二回も三回も掃除する必要はありません。

一時期はクイックルワイパーを使っていましたが、貧乏性なのか、一回掃いてシートを捨てるのは何だかもったいないし、かと言って手でシートに付いた抜け毛やホコリを取るのも面倒臭いので、あんまり使わなくなってしまいました。

箒で掃除をするようになってまだ一年ぐらいですが、箒を使って掃くという行動がなぜか楽しいです。立てかけてある箒をちょっと持ってきて掃くだけなので心理的障壁も小さく、ちょっとしたホコリや抜け毛に気づいたらすぐに掃き掃除をするようになりました。掃除をするという行為に対してまったく無理をしてないので、気づいたら掃除をするということが自然な習慣になりました。

箒のお陰で、ホコリのない綺麗で快適な生活を送ることが出来るようになりました。棕櫚箒は箒としてはちょっと高いですが、いい物を買えば20〜30年位は使えるそうです。箒のあるちょっとしたいい生活、おすすめです。


職務経歴書を書くときに、読む人のことを考えていますか?

お陰様で会社の業績が好調です。常に人出が不足してるため、およそ月に1〜2回のペースで求職者の面接を実施しています。

あまりにも・・・というレベルの人は人事ではねているため書類審査を通った人だけを見ているはずなんですが、面接官、つまりそれを読む人を意識していない職務経歴書を書いてくる人が非常に多いです。

良くある例としては、

  • 西暦と和暦が混在していて時系列がよくわからない
  • やったプロジェクトの案件名やカテゴリは書いてあるけど、肝心の業務の内容が不明
  • PMやリーダーといった役割の名前だけは羅列しているけれども、実際に何をやってきたのかわからない

など、職務経歴書はその名の通り「職務の経歴という情報」を伝えることを目的とした書類なのに、必要な情報がまったく不足しているものがとても多いです。

読む側は何を知りたいのか?

これは、面接を実施する側の視点で考えれば非常に簡単です。この人はどういう人なのか、これまで何をやってきたのか、自分の会社に来たら何をやれるのか? ということを読み取りたいと思っています。

読み手の視点が欠けている場合、必要とする情報がまったく不足しています。せっかくの面接の内容も、これまでの経歴を一から確認しなければいけないため、お互いにとって時間の無駄になってしまいます。

そのため繁忙期などスケジュールに余裕が無い時は、よほど幅広い業務を経験している(と思われる)場合を除き、残念ながら書類で落とすことも多々あります。書式なんてどうでもいいんです。実施したタスクとその内容を具体的に記載してもいいですし、あるいはもう少し抽象的な内容での説明であっても、まったく問題ありません。

なぜそうなるのか?

このことを実際に直接確認したことはありません。ただ、おそらく職務経歴書を書く目的をきちんと理解しておらず、書く側だけの視点だけで書き上げてしまってるのではないでしょうか。あたかも「TSUTAYAの会員証を作るには身分証明書の提示が必要」というぐらいの意識なのかもしれません。

書くことは自分のことを知ってもらうための単なる手段であり、相手に読んでもらって「自分を理解してもらうこと」が目的です。世間的に知られたよっぽど有名な案件じゃない限り、案件名を知っても何もわかりません。

あまりにも西暦和暦を混在して書いている人が多いので、サンプルとした人材紹介会社の記入例に問題があるのかも。ある箇所は例が和暦になっているから和暦で書き、また別の箇所は西暦になっているから西暦で書く、と思っているのかもしれません。

どう書くべきか

これは商品の販売などとまったく同じだと思います。「自分」という商品に価値を感じてもらい、買おうと思ってもらう。そのために必要な情報を伝える、ということが目的のはずです。

細部まで事細かく書けばいいわけではありませんし、具体的にどう書くべきかはケースバイケースではありますが、どういう情報をどう伝えれば自分の価値が伝わるのか、あるいは何を理解してもらいたいのかという視点で考えて書くべきです。

 内容が簡潔にもかかわらず情報が足りていない感をまったく感じさせず、むしろもっと深く知りたいと思う方には、比較的「デキル」人が多いです。面接自体も、書いてあることはもう既にお互いの共通認識とした所から開始できるので、より詳しい部分を深堀りして聞いたり、あるいは逆に求職者からの質問に対する回答の時間も長く取ることができます。

そもそもそこを理解して書いて来ている人は、面接で落としたことは無い気がします。


今更ながらレコーディングダイエットで健康的に痩せました

昔はどちらかというと標準よりも少し痩せ型でした。ただ35歳を過ぎた頃から、代謝が落ちてきたせいなのか、それまでと同じような食生活にもかかわらず、段々と太って来ました。腹回りも心なしかちょっぴり太めになったかも?

運動する習慣も無いし、周りの友人達も段々と太ってきたので、少し危機感を持ち始めましたが、がっつりダイエットをするモチベーションもそんなに無いし、特に何か行動を起こすわけでもなく何となく何もせず過ごしていました。ある日、図書館に行くと、たまたまレコーディングダイエットの本を見つけました。一時期話題になったので名前だけは知ってたんですが、原典(?)を読んだことはありませんでした。

内容は今更なので詳しくは書きませんが、レコーディングダイエットは要するに、体重と、食べたもの(とそのカロリー)を記録しましょうというメソッドです。体重は摂取したもののカロリーから、運動によるカロリー消費を引いた残りのカロリーにより増減し、だいたい7000kcalで1kg分ぐらいの体重に換算できます。つまり7000kcal摂取すると+1kgに、7000kcal消費すると-1kgになる、ということです。数値化による見える化のカロリー版ですね。

数値化することそのものにはあまり意味がありませんが、例えば前日と比べて今日の摂取カロリーは多いのか少ないのか、今週の総カロリーはどうだったのかなど、数値にすることではじめて比較することが出来ます。同じ物をいつも食べているならともかく、食べたものそのものや体重を管理しても、あんまり意味はありません。ですが数値でカロリーを記録していれば、今日はもう少し食べてもいい、あるいは食べ過ぎなので止めるべきなど、次の行動を安心して決めることができます。

非常にわかりやすいメソッドですね。体重をグラフにして増減を見えるようにする、という方法もあるとは思いますが、この方法だと直接の因果関係ではなく、間に一枚挟んでいるというか、食べたものが直接体重に影響するわけではないので、イマイチしっくり来ません。

レコーディングダイエットとして実際にやったこと

カロリーの集計には iPhone アプリの
カロリー管理(痩せるアプリ) を使っています。このアプリには食べたもののカロリーを検索する機能があるので、普段外食で食べている物のカロリーを良くわかっていない自分には、ぴったりのアプリでした。

早速このアプリでレコーディングダイエットをしてみた所、およそ一日に2300〜2500kcal摂取していることがわかりました。まったく意識していませんでしたが、毎日おやつとジュースを飲んでいることもわかりました。

試しにまずは摂取量を1600kcalにあわせてみたんですが、これは失敗です。実施前の体重はおよそ67kgぐらい(身長は170cm)でしたが、一週間ぐらいこの生活をして見たところ、いきなり一週間で1kg落ちてしまいました。

ダイエットの良くある失敗例として、リバウンドがあります。食べたいものを無理して我慢しても、無理をしているため段々我慢ができなくなってしまいます。体は低カロリー状態に慣れてしまい、カロリーを効率良く使う体に変化してしまっているため、落ちた以上のスピードで体重が増えてしまいます。またカロリーを制限するという自分との約束を何度も破っていると、挫折感と共に結局ダイエットを諦めてしまいそうになります。

そこで体重変化が急カーブにならないように、一日のカロリー上限は、2000kcalまでならOKということにしました。重めの食事で無い限り、三食普通に食べてもおよそ1700kcalぐらいでしたので、オヤツ一つぐらいなら制限ギリギリで大丈夫です。

レコーディングダイエット実施の結果

2000kcal生活を続けておよそ2ヶ月。途中に新年会ラッシュがあったにもかかわらず、現在の体重は64.5〜65kgの間で安定しました。

食生活も少し変わりました。今までは何となくおやつやジュースを飲んでいたんですが、買う前に一度その日のカロリー数を見る習慣ができたため、間食の回数と量が減ってきました。また普段食べるものも、だいたいどういうものがカロリー高そうなのかがわかってきたため、あまりカロリーが高そうなものは自然と回避するようになってきました。

また運動嫌いでほとんど運動はして来なかったんですが、体重変化が楽しくなってきたからか、スポーツクラブに通うようになりました。

いまは運動後のご褒美として、おやつを食べるようにしています。運動のカロリーもおおよその数値を計算しているため、どれぐらいのカロリーの物までなら気兼ねなく食べられるかすぐにわかります。

最近、久々に会った人に体型が全く変わらないよねー、と言われるようになりました。
レコーディングダイエット、おすすめです。


wordpress で記事の省略表示をやめる

昔のwordpressもそうだったか記憶がありませんが、記事の長さ(行数によるのかも?)が一定以上になると勝手に、Continue reading(日本語系のテーマなら「続きを読む」)と表示されて、記事が全文表示されなくなります。

ちょっと調べてみたところ、これも修正は簡単でした。使っているテーマのディレクトリのloop.phpで、the_excerpt()→the_content()に変更するだけです。

        <?php else : ?>
                        <div class="entry-content">
                                <?php 
                                        if($counter == 0 || $counter == 1  ||  $counter == 4 || $count
er == 5 || $counter == 8 || $counter == 9 || $counter == 12 || $counter == 13)
                                                {the_post_thumbnail(array(150,150), array ('class' => 
'alignleft')); }
                                        else 
                                                {the_post_thumbnail(array(150,150), array ('class' => 
'alignright')); }
                                        $counter++;
                                        
            ★ここを修正 ------------->  the_content(); ?>
                        </div>

修正方法自体は簡単ですが、いちいち手動でいじらないといけないのは、ちょっと面倒くさいな。。。


wordpress の Pongsari テーマで日本語を表示させる

インストールしたばかりのwordpressデフォルトのテーマそのままだとちょっと格好悪いので、ThemeGrade でなにか良さそうなテーマが無いか探してみました。

個人的にはあんまりゴテゴテしたテーマが好きじゃないので、シンプルかつ野暮ったくないテーマ、という切り口で探した所 Pongsari というテーマを見つけました。なかなかシンプルで気に入ったので早速使ってみた所、何か違和感が。

よくよく見てみると、「検索」や「最近の投稿」などサイト右側に表示されるウィジェットに文字が何も表示されていません。最初はてっきり、そういうデザインかと思いました。

せっかく見つけたテーマだし、また探すのは非常に面倒だったので何とかならないかと思って調べてみたところ、非常にあっさり解決しました。最初は気づいていなかったんですが、どうやらこのテーマは、各種見出しなどのアルファベットを筆記体のようなフォントで表示するようになっています。これを実現するために、CuFonfonts.com というサイトで生成したフォントを組み込んでいました。CuFonfonts.com で日本語を入力して Preview でフォントを生成してみると文字化けしてしまったので、どうやら欧米系の文字にしか対応していない模様です。

筆記体表示にはこだわりがないため、この表示を行う処理を呼び出さない改造をすれば解決するはずです。テーマのソースコードを見てみると、修正点は一箇所ですみそうです。

wp-content/themes/pongsari/footer.php で CuFonfonts.com 関係の処理を、下記のようにコメントアウトしたところ、無事に日本語が表示されるようになりました。

<!–
<script type="text/javascript" src="<?php bloginfo(‘template_directory’); ?>/js/cufon-yui.js"> </script>
<script type="text/javascript" src="<?php bloginfo(‘template_directory’); ?>/js/lobster.cufonfonts.js"> </script>
<script type="text/javascript">
Cufon.replace(‘#site-title, .entry-title, h3.widget-title, #comments-title, #footer #site-info, #reply-title’, { hover: ‘true’ });
</script>
–>

他にどれぐらいいるかわかりませんが、Pongsari で日本語が表示されなくて困っている方は、ぜひ試してみてください。