カテゴリー別アーカイブ: 育児

バウンサーを買いました

先日、バウンサーを買いました。ちょっと高いけど人気No.1のビョルン社のものなので、うちではバウンサーではなくビョルンと呼ばれています。

子供はまだ乳児なので、正確には乳児用のバウンサーのベビーバウンサー何ですが、これは要するにビーチチェア + ゆりかごのようなものです。普通のベビーバウンサーは7000円ぐらいで、ビョルンは19000円らしいです。普通のやつとの違いは正直よくわかりませんが、ずっと口コミNo.1ということはステマでも何かのキャンペーンの結果ではなく、きっと何かしら使い勝手がいい(あるいは他の奴に不便な点がある)んだと思い、世の中の口コミを信用してビョルンを買うことにしました。

乳児は、なぜかはまだわかっていませんが、ゆらゆら揺らすと機嫌がよくなったり機嫌を直す習性があります。最初の頃は子供も軽かったんで別に気にしていなかったんですが、成長するにつれ段々と重くなってきて、だっこでゆらゆらするのがキツくなってきました。

ビョルンには、「泣いているときにそこに乗せて揺らすと、たちどころに泣きやんで機嫌が良くなる」という、魔法のような効果は残念ながらなく、せいぜいその時の機嫌をキープするだけの効果しかありませんでした。口コミを読んでみても、みんなだいたい同じような感じのようです。

ただキープするだけにしか使えないにせよ、それがわかっているならそれならそれで、使いようはあります。特に、子供を乗せて足でビョルンを押してゆらゆらさせることが出来るので、たとえばちょっと一息入れたいときなどに足で適当に押してやりながら本を読んだりオヤツを食べたり、ということができるようになりました。

もっと高くて電動で揺れてくれるものもありますが、重くて持ち運びがキツいそうです。ビョルンは軽いので、その時の状況に応じて自由にどこにでも移動できます。使ってみるまでわからなかった利点でしたが、子供をお風呂から上げた時に一時的に置いておくことができたり、意外と重要でした。

他のバウンサーを使ったことがないので比較は出来ませんが、子供によっては乗ると泣き出してしまってまったく使えない、ということもあるそうです。口コミNo.1でキープ程度なのであれば、その他の奴の効果は推して知るべしかもしれません。少なくともうちの場合は、19000円の元は早くも取れました。

子育ては子供中心になってしまい子供に振り回されることも多いですが、その中でもちょっとした工夫や道具をうまく使うことで、一息つけるような余地はあるんだな、と思いました。