カテゴリー別アーカイブ: 調べ物

細菌とウィルスの違いについて調べてみた

ふと気になったので、細菌とウィルスは何が違うのか調べてみた。結果、ほとんど ウイルスと細菌の違いって何ですか? の受け売りに近いけど、まぁ気にしない。

細菌は分類上は植物に属する単細胞生物のことで、自分で細胞を持っている。体内に入ると細胞に取り付いて栄養を吸い取り、その栄養を利用して細胞分裂することで増えていく。

一方、ウィルスはDNAとタンパク質の殻だけからなる超極小の微粒子で、自分で細胞を持っていない。生命の最小単位である細胞が無いので、生物学上は非生物とされている。体内に入ると細胞の中に入り込んで、その細胞に自分のコピーを作らせる。最終的に細胞が破裂し、大量のウィルスがまた他の細胞に入り込んでいく。入り込んだ細胞の状態に影響を受けやすいので、変異しやすい。

増え方も細菌は2つに分裂、つまり2のn乗で対数的に数が増えてくるけど、ウィルスは感染した細胞内で一気に数を増やす。細胞内に入り込んだ期間は暗黒期と呼ばれ、一時的に見かけ上ウィルス粒子が存在しない期間が発生する。

細菌は細胞のため免疫が効きやすいし、抗生物質により細菌の細胞を攻撃して殺すことが出来る。

ウィルスは細胞に入り込んでしまうので、やっつけるのが難しい(人間の細胞まで壊してしまう)。タミフルなどはウィルスに対して作用するのではなく、細胞からウィルスが出られないようにすることで増殖を防ぐ。ウィルスを殺すわけではなく閉じ込めるだけなので、体内にウィルスが残る(代謝によりいずれ細胞ごと排出される)。

実際の原因は違うようだけど、タミフルが脳の細胞に悪影響をおよぼす(かもしれない)と言われるのは、こういう仕組みになっているから。

またウィルスは抗体が出来れば(変異しない限り)再感染することは少ない。

ノロウィルスとアルコール

細菌(の細胞)はアルコールで壊せる。またエンベロープが壊れたウィルスは、感染性が無くなるので無害化する。

インフルエンザウィルスにはエンベロープがあるのでアルコールによりエンベロープを壊せば感染予防になる。しかしノロウィルスにはエンベロープが無いのでアルコールでは予防できない。もしノロウィルスを殺したいなら、タンパク質を分解する酸が有効。

ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由 に「エンベロープが破壊されると、ウィルスは増殖できなくなる」と書いたけど、ちょっと間違いだった。「エンベロープが破壊されると、ウィルスは無害化する(細胞に入り込めない)」と書くべきだった。


「特例的に1割に据え置き」された医療費窓口負担とは?

負担引き上げ判断、参院選後に棚上げへ 高齢者医療費 という記事があった。この中で、「特例的に1割に据え置かれている70~74歳の医療費窓口負担」とは何のことか気になったので調べてみた。

特例的に1割に据え置かれている70~74歳の医療費窓口負担について、安倍政権は7日、法律通りの2割にする時期の決定を、夏の参院選後まで棚上げする方向で調整に入った。2014年1月から段階的に2割にする案で与党内の慎重派を抑えようとしたが、選挙前に引き上げ時期を決めることへの反発が強かった。

高齢者医療費とは?

後期高齢者医療制度に関しては色々経緯があるみたいで、なかなか現状がどうなのかわかりづらい。定期的に最新の情報に更新されている 後期高齢者医療制度 5分で概要マスター が参考になった。

(後期)高齢者医療は、日本国内に住む75歳以上の全員と、前期高齢者(65~74歳)で障害のある者が対象となり、対象者が医療に掛かった際の自己負担割合は通常は1割、現役並みの所得者(課税所得145万円以上)は3割となっている。

本来であれば前期高齢者の半分(70~74歳)の現在1割負担の「医療費窓口負担」が、2013年4月から2割負担に引き上げられる予定だった。件の記事は、この引き上げが平成26年(2014年)1月からになる見通しということを言っているようだ。

「後期高齢者」つまり75歳になると、国民健康保険から「後期高齢者医療制度」に自動的に切り替わり、その保険料は個人単位で計算される(国民健康保険の場合は世帯単位で保険料が計算される)。その保険料は年金から自動天引きされる。

たとえ後期高齢者医療制度に切り替わったとしても後期高齢者の負担額は変わらない。わざわざ分けるようになったのは、現役世代と後期高齢者世代の負担関係が良くわからないため、医療費抑制の施策などがやりにくい構造だかららしい。そのため、後期高齢者だけを独立させて、医療給付を集中管理することになったようだ。

これまで他人事だと思ってあまり内容を理解していなかったけど、気になって調べてみると、なかなか興味深い。


生活保護の医療費免除は、もう無くなるだろう

SankeiBiz で、政府、生活保護費抑制へ後発薬に誘導 「先発薬使うなら差額自己負担」 という記事を読んだ。生活保護費の削減とジェネリック普及のために、生活保護の受給者が先発薬を選択した場合、先発薬とジェネリックの差額は自己負担を求めるという方向で検討に入ったらしい。

そもそも生活保護の受給者は、医療費負担が免除されている。そのため過剰なほどやたら通院している(と言われている)。この記事によると生活保護者のジェネリック使用率は、一般の人が23%なのに対して20.9%しかない。また医療補助費は生活保護費全体の内、その約半分を占める1.6兆円かかっているらしい。自民党は衆院選公約で「生活保護費の8000億円削減」を打ち出しているため、医療費の削減は急務と言える。

後発薬すなわちジェネリック薬は、先発薬とまったく同じ成分で作られている。ただし成分が一緒なだけで、薬のカプセルなどの形状や溶け方などは必ずしも同一とは言えないらしい。つまり、薬の効き方が異なる可能性があるため、先行薬とまったく同じものというわけじゃない。言うなれば、一流店のメニューを別のシェフ(ただし一流の)が、同じ材料で作った料理のようなもの。作り方が違うのに同じ味、栄養ということは可能だろうか。料理の世界なら出来るか。

また普及率が20%強しかないということは、薬局にジェネリック薬の在庫がない可能性がある。国はジェネリック薬の使用を強く推進してはいるけど、薬局の現場ではジェネリックを仕入れてもなかなか在庫が無くならないそうだ。在庫リスクが高まるため、薬局としてもいつ出せるかわからない薬の在庫を持つことはなかなか難しい。

生活保護者がジェネリック薬を使うことを実質強制することにより、薬を求めて薬局を転々とさせられたり、あるいは最悪の場合は薬が手に入らないということも起こり得る。またジェネリック薬にしたとしても、実際には価格に差異があるのは薬剤料だけで、調剤報酬とかの金額は変わらない。生活保護者にジェネリックを強制することで医療費が下がるのは間違いない。でも大幅に削減出来る訳じゃない。

医療費の少なくとも全額免除は、今後なくなっていくと思う。あるいは診療報酬の引き下げにより、そもそも医療機関に支払われる金額を減らしてしまうか。どちらにせよ国の支出の削減は実現できる。国の立場でできることはこれぐらいだろう。

国からの「生活保護者は早く死んで国費負担を減らしてくれ」というメッセージとも思えてしまう。ただ、じゃあどうすればいいのか。残念ながら有効な手だては思いつかない。


ノロウィルスの予防に手洗いが一番な理由

過去に一回だけ、ノロにかかったことがある。原因は生牡蠣で、治るまでの数日間、終始吐きっぱなしで物凄く苦しかった。しかもアレルギーだか何だかわからないけど、それ以来、生だけではなくカキフライですら軽く当たるようになってしまった。

幸い、まだ自分の周りで感染した話は聞かないけど、どうやら今年はノロウィルスが大流行しているようだ。実際にそうなのかはわからないけど、2011年に輸入食品等事前確認制度に登録され、衛生検査が免除された韓国産キムチ が感染源とも言われている。

せっかくなのでノロウィルスの予防方法と、アルコール消毒ができない理由を調べて見た。一番わかりやすく、納得できたのは ノロウイルスとアルコール消毒のおはなし。 ~エンベロープってなに?~ の説明。これによると、

  • 菌やウィルスのまわりにはエンベロープという膜がある
  • エンベロープの大部分は脂質のため、アルコールや石鹸などで破壊できる
  • エンベロープが破壊されると、ウィルスは増殖できなくなる 細胞に入り込むことができなくなる
  • ところで、ノロウィルスにはエンベロープがない!
  • 壊すべきエンベロープが無いので、ノロウイルスに関して石鹸やアルコールは効果がない
  • ただし、浮かせて洗い流すことが出来るので、石鹸での手荒いはかなり有効

ということらしい。もしノロウィルスを積極的に殺すなら、酸が効果的のようだ。キッチンハイター最高。

ノロウィルスは駄目だけど、それ以外の菌やウィルスがなぜ石鹸やアルコールで殺菌できるのか、ようやく理解ができた。正しい知識を持たずに思考停止してしまって、ただ実行することの危なさも、改めてわかった気がする。