月別アーカイブ: 2014年10月

DM100を買った

来月までに使わないと期限が来てしまう優待券があったので、量販店の店頭で目に付いたポメラのDM100を半衝動的に買ってしまった。部屋にはスリープ状態のMacbookがあり、またiPadとBluetoothキーボードもある。だから積極的に欲しかったわけじゃない。まあ衝動買いだ。

で、だ。DM100を入手して実際に使ってみると、「ああ、ポメラって文章を書くための文房具だったよな」ということを、あらためて思い出させられた。iPadとBluetooth環境だってそう悪いものじゃないけど、これはもう全然別の道具だ。比較するものじゃない。ボールペンとマジックぐらい違う。

書きたいと思ったときは、フタを開けるだけ。アプリの切り替えも、Bluetoothの接続もいらない。不満点としては、ATOKの変換は正直いまいちだし、入力補完が無いので打ったばっかりの言葉も、もう一度入力しないといけない。でも、そんなのは些細な問題だ。打ちやすいキーボード、超寿命、そして何より文字入力以外に何もできない。ちょっとネットに浮気することもなければ、LINEやFacebookの通知もこない。書きたいときに開けて、書いて、閉じるだけ。非常にシンプル。

これって、万年筆を持ってノートの前に座った時の感覚に近い。ストレスを感じることは何もなく、ただ書きたいことを書けばいいだけ。

大昔にDM10という初期のポメラを使っていたことがあるけど、コンセプトはそのままで、ずいぶん進化したように感じる。

  • バックライトが付いてる
  • ディスプレイが大きい
  • 一部のキーがカスタマイズできる(「無変換」をBackspaceに、「前候補」をEnterにすると快適)
  • FlashAir経由で、書いた文章を直接Evernoteに送信できる

特に、FlashAir 連携が秀逸だ。

QRコード経由での文章吸い上げも試してみたけど、複数の文書をまとめて吸い上げるのがすごく面倒だった。昔のポメラもそうだったけど、いかにしてデータを吸い上げるのかというのがポメラの課題だった。これがFlashAir のおかげで一気に解消された。思いつくまま文章を書き、一日の最後にまとめてEvernoteに登録。

ポメラはしばらく見ない間に、文章を書く人には必携な文房具に進化していたんだなあ。きっかけは衝動買いだったけど、久々に買って良かった。