タグ別アーカイブ: 生活

ギャップがあるから怒りが生まれる

駅のホームで、何が原因かわからないけれど物凄い勢いで駅員に向かって怒っている人を見た。その後、電車に乗るために並んでいたら、乗り込む直前に横から割り込みしてくるおばさんが居た。ムカつく。

ふと、人はどういう時にムカついたり怒ったりするのか気になった。

・失礼な店員に当たった時。
・電車がえらく遅れた時。
・図書館で騒いでいる子供が居た時。
・自分の欠点などを指摘された、つまり図星を付かれた時。
・やろうと思っている時に、やれよと言われた時。
・ルールを守らない人がいる時。
・表示が遅いサイトにアクセスした時。

「自分が期待/想定している状況」と「現状」とにズレがあるときに、人は怒るのかもしれない。

いったん冷静になる。別のことを考える。意識を別に向けることで一時的に怒りを鎮めることはできるけれど、意識を元に戻すと、怒りは戻ってきてしまう。現状を変えることは難しいけれど、自分の期待値や認識の方を変えることは出来ないだろうか?

昔、7つの習慣で読んだ話。電車の中で大騒ぎしている子供を注意しない親。周りの乗客は子供を注意せずにぼーっとしている親に対して、イライラしながら話しかける。親はその時初めて、子供が騒いでいることに気づいて答える。

「今朝、妻が亡くなったばかりなんです。小さい子供と二人、これからどうしていけばいいのかわからないんです」

周りの認識が一気に変わる。あんなにイライラしていたのに、一気にお悔やみの気持ちに切り替わる。

「電車の中では騒がない」という認識とギャップがあるからイライラする。でも妻が亡くなって茫然自失ということがわかった瞬間、その認識が変わる。騒いでもしょうがないという認識に変わったことで、騒いでいる現状との間に合ったギャップが埋まり、怒りがおさまる。

これを意識して起こすことはできるだろうか? 例えば何かにイライラさせられた場合、そんなものだ、と思うことは出来るだろうか。

現状に対して、逆に期待値の方を合わせに行くとどうだろうか。例えば順番待ちの列に割り込まれた場合、そもそもどんな手を使ってもいいから乗り込んだ者勝ちなんだ、と思うようにする。

怒りはおさまるかもしれないけれど、なんかやだな、そんな社会。


ホウキのある生活

まだここ一年ぐらいの話ですが、掃除をするときに掃除機を使うのを止めて、箒を使うようになりました。

それまでは普通の掃除機(ダイソン旧型)を使っていました。ダイソンは普通の掃除機と比較してもホースを取り回しづらく、またすごく音がうるさい割には、吸引力は他の掃除機とあんまり変わりません。そのため掃除をはじめるまでが億劫で、ホコリ等が目についても、ある程度勢いが無いと、中々掃除をやる気になりませんでした。

ある時、たまたまネットの記事で、棕櫚箒(シュロボウキ)の存在を知りました。棕櫚箒はシュロの木の皮を束ねて作られたホウキのことです。普通のシュロぼうきと、皮の中でも太い繊維を集めて作られた鬼毛棕櫚箒の二種類があります。

普通の棕櫚箒は使い始めは結構シュロの粉が出るらしいですが、鬼毛箒であればほとんど出ません。また結構毛が硬いため、絨毯や畳を掃くこともできます。うちで使っているのは この鬼毛棕櫚箒 で、買ったときは12,600円でした。単なる箒と考えるとちょっと高いですが、いい物を所有する喜びを感じられます。部屋にあってもなんだか絵になります。

掃除をする時は普通に箒を使ってホコリや抜け毛などのゴミを集めて、チリトリかハンディークリーナーでゴミを吸い取ってるだけです。掃除機と違ってホコリもあんまり巻き上がらないので、同じ所を二回も三回も掃除する必要はありません。

一時期はクイックルワイパーを使っていましたが、貧乏性なのか、一回掃いてシートを捨てるのは何だかもったいないし、かと言って手でシートに付いた抜け毛やホコリを取るのも面倒臭いので、あんまり使わなくなってしまいました。

箒で掃除をするようになってまだ一年ぐらいですが、箒を使って掃くという行動がなぜか楽しいです。立てかけてある箒をちょっと持ってきて掃くだけなので心理的障壁も小さく、ちょっとしたホコリや抜け毛に気づいたらすぐに掃き掃除をするようになりました。掃除をするという行為に対してまったく無理をしてないので、気づいたら掃除をするということが自然な習慣になりました。

箒のお陰で、ホコリのない綺麗で快適な生活を送ることが出来るようになりました。棕櫚箒は箒としてはちょっと高いですが、いい物を買えば20〜30年位は使えるそうです。箒のあるちょっとしたいい生活、おすすめです。


不動産紹介会社はリピーターを増やすことを、もっと意識した方がいいと思う

隣人や物件で何が問題があった時に、最悪引っ越すという選択肢を取れるように、賃貸物件に住むことを選択しています。引っ越す理由としては仕事の関係か、住環境で何らかの不満があった時で、およそ数年に一回ぐらいでしょうか。

いつも似たようなエリアで引越しをするため、仲介手数料を節約するために大体はネットでおよそのアタリを付けて、その物件を扱っている不動産屋に直接連絡して見せてもらうようにしています。いわゆる貸主物件というやつですね。

ただ過去に一度だけ、どうしても譲れない条件があって、それに対応した物件はあまり数が多くないために、仲介専門の某大手不動産紹介会社を使いました(代理とか仲介とかの説明は All Aboutの記事 が詳しいです)。

その不動産紹介会社は、いざ成約となって仲介手数料を振り込むまでは結構頻繁に連絡が来ていたのに、振り込んだ途端に一切の連絡がなくなりました。振り込み確認の連絡すらありませんでした。

不動産紹介会社の価値はどこ?

他の不動産紹介会社にあまり流さない、そこ独自の物件を持っているならともかく、複数の紹介会社に同時に流されている物件を扱っている紹介会社の場合、物件そのものの価値では勝負ができません。

基本的には取扱物件という商材を、左から右に流すだけのビジネスです。その紹介会社ならではの付加価値は何でしょうか?

  • 大量の物件を取り扱っている
  • 他にはない、独自の掘り出し物物件を持っている
  • ペット可物件に強い、楽器可物件専門など、特化している強みがある
  • 手数料が安い
  • 感動のサービス

考えられるのはだいたいこんな感じでしょうか?

不動産紹介会社と人材紹介会社は似てる

人材紹介会社は利用する方ではなく、求職者を紹介頂く立場なので実情を詳しくは知りませんが、利用した人に聞くと人材紹介会社も不動産紹介会社のケースと同様のようです。入社(あるいは内定)まではちょいちょい連絡が来ますが、入社後は一切連絡が無くなるそうです。

内定を取るための手助けをしてくれたのは事実だけど、ちょっとビジネスライクすぎると感じるみたいです。もちろん全員が全員そう感じるわけではないでしょうが、少なくともこう感じる人は、その人材紹介会社のリピーターにはならないでしょうね。

紹介会社はどうすべきか

利用者側にとっては日常的に使うサービスではなく、また手数料ビジネスなので数をこなさないといけないのはわかります。ただ、リピーターが存在し得るサービスなのに、ビジネスのやり方というか、プロセス設計がちょっとずさんに感じます。

新規に関係を作るより、過去の関係を再利用した方がコストも安いですし、ある程度人格がわかっているためリスク(例えば変な人に当たる、など)も少ないです。

成約後のフォローを実施して、次の機会への種まきをしておくべきだと思います。

ちょっとだけコスト(時間)をかけて気持ち良く取引がクロージングすれば、次にまた引越し(あるいは求職)するときに、必ずそこに声をかけます。人は終わりの印象を一番覚えているものなので、どう終わるかということに一番気を使う必要があります。

また一定期間経過後に、関係を掘り起こしすることも重要です。メールでもかまわないので、年に一回ぐらいは様子伺いを兼ねたメールを送るべきだと思います。文面はほとんど同じでもかまわないです。これは、引越し/転職をしようかなーと思っている温度感であっても最初にリーチできる可能性が高いため、ほとんど工数・コストを必要としないにもかかわらず、とても効果的です。

自分が事業者側でも顧客側であっても、お互い、気持ちの良いビジネスが出来るといいですね。


今更ながらレコーディングダイエットで健康的に痩せました

昔はどちらかというと標準よりも少し痩せ型でした。ただ35歳を過ぎた頃から、代謝が落ちてきたせいなのか、それまでと同じような食生活にもかかわらず、段々と太って来ました。腹回りも心なしかちょっぴり太めになったかも?

運動する習慣も無いし、周りの友人達も段々と太ってきたので、少し危機感を持ち始めましたが、がっつりダイエットをするモチベーションもそんなに無いし、特に何か行動を起こすわけでもなく何となく何もせず過ごしていました。ある日、図書館に行くと、たまたまレコーディングダイエットの本を見つけました。一時期話題になったので名前だけは知ってたんですが、原典(?)を読んだことはありませんでした。

内容は今更なので詳しくは書きませんが、レコーディングダイエットは要するに、体重と、食べたもの(とそのカロリー)を記録しましょうというメソッドです。体重は摂取したもののカロリーから、運動によるカロリー消費を引いた残りのカロリーにより増減し、だいたい7000kcalで1kg分ぐらいの体重に換算できます。つまり7000kcal摂取すると+1kgに、7000kcal消費すると-1kgになる、ということです。数値化による見える化のカロリー版ですね。

数値化することそのものにはあまり意味がありませんが、例えば前日と比べて今日の摂取カロリーは多いのか少ないのか、今週の総カロリーはどうだったのかなど、数値にすることではじめて比較することが出来ます。同じ物をいつも食べているならともかく、食べたものそのものや体重を管理しても、あんまり意味はありません。ですが数値でカロリーを記録していれば、今日はもう少し食べてもいい、あるいは食べ過ぎなので止めるべきなど、次の行動を安心して決めることができます。

非常にわかりやすいメソッドですね。体重をグラフにして増減を見えるようにする、という方法もあるとは思いますが、この方法だと直接の因果関係ではなく、間に一枚挟んでいるというか、食べたものが直接体重に影響するわけではないので、イマイチしっくり来ません。

レコーディングダイエットとして実際にやったこと

カロリーの集計には iPhone アプリの
カロリー管理(痩せるアプリ) を使っています。このアプリには食べたもののカロリーを検索する機能があるので、普段外食で食べている物のカロリーを良くわかっていない自分には、ぴったりのアプリでした。

早速このアプリでレコーディングダイエットをしてみた所、およそ一日に2300〜2500kcal摂取していることがわかりました。まったく意識していませんでしたが、毎日おやつとジュースを飲んでいることもわかりました。

試しにまずは摂取量を1600kcalにあわせてみたんですが、これは失敗です。実施前の体重はおよそ67kgぐらい(身長は170cm)でしたが、一週間ぐらいこの生活をして見たところ、いきなり一週間で1kg落ちてしまいました。

ダイエットの良くある失敗例として、リバウンドがあります。食べたいものを無理して我慢しても、無理をしているため段々我慢ができなくなってしまいます。体は低カロリー状態に慣れてしまい、カロリーを効率良く使う体に変化してしまっているため、落ちた以上のスピードで体重が増えてしまいます。またカロリーを制限するという自分との約束を何度も破っていると、挫折感と共に結局ダイエットを諦めてしまいそうになります。

そこで体重変化が急カーブにならないように、一日のカロリー上限は、2000kcalまでならOKということにしました。重めの食事で無い限り、三食普通に食べてもおよそ1700kcalぐらいでしたので、オヤツ一つぐらいなら制限ギリギリで大丈夫です。

レコーディングダイエット実施の結果

2000kcal生活を続けておよそ2ヶ月。途中に新年会ラッシュがあったにもかかわらず、現在の体重は64.5〜65kgの間で安定しました。

食生活も少し変わりました。今までは何となくおやつやジュースを飲んでいたんですが、買う前に一度その日のカロリー数を見る習慣ができたため、間食の回数と量が減ってきました。また普段食べるものも、だいたいどういうものがカロリー高そうなのかがわかってきたため、あまりカロリーが高そうなものは自然と回避するようになってきました。

また運動嫌いでほとんど運動はして来なかったんですが、体重変化が楽しくなってきたからか、スポーツクラブに通うようになりました。

いまは運動後のご褒美として、おやつを食べるようにしています。運動のカロリーもおおよその数値を計算しているため、どれぐらいのカロリーの物までなら気兼ねなく食べられるかすぐにわかります。

最近、久々に会った人に体型が全く変わらないよねー、と言われるようになりました。
レコーディングダイエット、おすすめです。